新しい季節に思う。愛することって深いなぁ【夫婦日記】

 

 

こんばんは⭐マリです🤗

フレッシュなスーツ姿の新入社員を街でたくさんお見かけする季節になりましたね。

フレッシャーズではないですが、うちの旦那ちゃんも、この4月から会社内で異動になりました。

異動と言っても、同じ市内での異動だし、家からの距離的には近くなります。

ですが、勤務内容も、一緒に働く人たちもガラリと変わるので、旦那ちゃんも少し緊張しているのかなー。珍しく専門書を引っ張り出して読んでいたり、一緒にジュンク堂へ本を買いに行こうとしきりに誘ってきます。

やっぱり、環境が変わるっていくつになってもドキドキしますよね。

そんな感じの今日この頃なので、旦那ちゃんが新しい職場に慣れて気持ちが落ち着くまで、いつもより特に穏やかに優しく接してあげたいなと思います。

 

最近、よその家庭はよその家庭、と割り切れるようになってきました。

うちの旦那ちゃんは、環境の変化にちょっとナイーブで、だからそういう時に「ラブラブしようよ」とか「私のことを見て!」なんて甘えていたら負担になっちゃうから。

自分の世界をたくさん持っている人だから、それを大切にできるように、私も邪魔をしないようににしようって思うようになりました。

 

愛するということは、技術なんですって。

意識せずに心の中から芽生えてくる一般的に想像されるようなものじゃなく。

そんでもって、愛っていうのはもらうものじゃなく与えるもの、なんていうのはよく聞くことだけど、

この「与える」って「相手の生命と成長を積極的に気にかけること」なんだそう。

う〜ん。これ、忘れないでおきたいことだと思ってここに書いています。

なんとなくはわかっている。

だから、精一杯、旦那ちゃんの気持ちになって考えてみようって思ってる。

 

だけど、だけど、江國香織さんの言葉で、真逆なんだけど、とてもいいなぁと思うものがあります。

 

 

無償の愛なんて、私には全然尊くない。

だって、無償も自由も前提なんだからお互いに馬鹿みたいに、「あの人は見ちゃだめ」「あの人って誰?」「他の人は見ちゃだめだよ」「見えないわ」とか、そう言い合えるのって、やっぱりとても幸福だと思う。

 

 

 

無償の愛で見守りつつ。

だけど、カップルや夫婦なんだったら、束縛し合うのも、愛を伝える手段かもしれないって思うから、愛だと思うなら、言いたいことは言っていこう。

と思います。

 

 

 

 

ランキング参加中です

ポチッと応援励みになります♩

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA