こんばんは⭐マリです🤗

わたしたちは、旦那さまが草食系、嫁のわたしは毎日でもOKと思ってる系 の夫婦です。

 

また期間が空いてました。。

というのもまたわたしから喧嘩をふっかけちゃったんです。

 

また喧嘩しちゃった

 

またもやゴムを買ってきたんです。

やっぱり何かアイテムというか、つかみ というか、きっかけがないと誘うことすらできない女なんです。

 

そして、

「これ、あげるね」

と言って手渡しました。

 

そしたら、

「明日ね」と言われてしまいました。

 

いいんです。したくない日だって当然あるでしょう。仕方ないです。人間生きてりゃそういう気分になれない時もあります。

 

だけど、、、

 

だけど、はい、と差し出したものを、受け取ってすらくれなかったのですよ。

 

「ありがとう」と受け取って、そして「明日ね」と言ってくれたら、まだ違っていたと思います。

 

その時、旦那ちゃんはちらっとこっちを見ただけで、わたしの差し出した手が宙ぶらりんになっていました。

もうね、無性に腹立たしくって、手に持っていたものを投げつけてしまいました。(床にです)

「せめて受け取ってよ!」

 

八つ当たり、ですね。はい。

勇気を振り絞っている気持ちを受け取ってもらえない悲しさを、自分の中で解消することができなかった。

そして気が立っているのは決まって生理前なんです。

 

 

やっぱり怖いよPMS

 

 

「なんでいつもいつもわたしばっかりこんなに考えてるのよ夫婦なのに!(心の声)」

PMS(生理前症候群)で、ホルモンの影響でイライラしてしまっていたと思うんです。

自分だけが夫婦の関係を良くしようと頭をひねってもがいて恥をかなぐり捨てて苦しんでいると思い込んでしまってます。

本当はわたしだけが考えてるなんてことないのに。

旦那ちゃんは、疲れてるのもあるのでしょう。

でも、ちゃんとわたしの気持ちを考えてくれているし、自分から誘ってくれないのは、臆病になっているだけなんだと思うのです。

ホルモンが落ち着いていて気持ちがフラットな今なら冷静に考えられるんです。だけど生理前というのはそんなこと関係ないんです。

『わたしはこんなにしてあげてるのに

(なんであなたは努力すらもしてくれないの?)

という押し付け。

見返り や 平等性 を求めて怒ってばっかり。

フラットな状態のときに思い出すと本当怖いなぁ〜と思います。自分のことながら、感情の制御がきかないのは辛く、悲しく、恥ずかしいことです。

 

対策

 

わたしの場合は、生理が始まると同時にイライラはおさまっていくようです。

生理前の1週間ほどがPMSの曲者な期間なので、その時期をいかに意識して乗り切るかが重要です。

 

事前に伝えておく

 

なので、生理前になる少し前に、前振りしておこうと思います。

でも生理前だからって免罪符をチラつかせて『イライラして当たり前』って態度をとるのは、ダメです。旦那ちゃんからしたら 本当やめてよって感じですね。

だから「わたしも気をつけるけど、イライラしちゃう傾向になるから、この期間は多めに見てね。」とだけ毎月、前もって伝えようと思ってます。

 

この時期だけの自分ルールを作る

 

自分でも、この期間はホルモンの影響を受けやすい期間だからとわかっていると、イライラしちゃうことを事前に避けたり、イライラしてもいまはぐっと飲み込もうとあらかじめ決められます。

そして、この時期はもっと自分を甘やかすことです。

心がカサカサになってるのを感じたら美味しいお茶で休憩する時間をたくさんとるとか、テンションの上がるコスメや小物、なんでもいいから一つ自分に買ってあげるとか。

 

 

 

大事にされていると思える物に頼る

 

旦那ちゃんから愛されていると思える物を見るとちょっと冷静になれます。

冒頭の写真は最近買ってもらったノジェスのネックレス💖

これを見ると、ああ愛されてるなわたし♡と思い出すことができます。

わたしと息子のために家を建ててくれたり結婚指輪も奮発してくれたり色々他にもあるんですが、普段の暮らしに馴染んでいる物はついついありがたみが薄くなりがちです。

わたしは何気ない日に買ってくれたこのプレゼントに愛を感じてます。(現金な女でごめんなさい)

 

 

 

 

 

 

 

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

 

喧嘩して仲直り

 

 

喧嘩直後は流石にちょっとギクシャクしました。

自分も悪いとはわかっていても、旦那ちゃんも悪いからとツンツンした態度をとっていました。

でも、やっぱり怒りはそう長くは続きませんね。

そして生理に突入。終わるまでしばらく期間が空いたので、自分の気持ちをフラットに戻して現状改善に動く気力を貯めました。

「生理が終わったら絶対に自分から誘う」と決め行動に移しました。

 

「この間は、カッとなって投げつけて、ごめんね。でも、拒否されたみたいで、自分ばっかりしたいみたいで、旦那ちゃんはしたくないのかなって思ったら、悲しくなっちゃったの。あのときは生理前だったし、いつもは我慢できることも我慢できなくなって八つ当たりしちゃったの。ごめんね。」

自分の『悲しかった』という気持ちと、『いつも本当は我慢してる』っていうところがポイントです。

 

わたしの気持ちを、ただわかって欲しくて旦那ちゃんに伝えました。

そしたら「俺もごめんね、したくないわけじゃないんだけど、君もずっとパソコン見たりテレビ見てるから、誘いづらいよ?」

と、旦那ちゃんも素直になってくれました。

自分の気持ちはやっぱり素直に、伝えたほうがいいですね。

夫婦だから、家族だから、これからもずっと一緒にいる人だから、余計に言いにくいし恥ずかしい気持ちがありました。

だけど、ずっと我慢して、自分の気持ちに嘘をついて恥をかかないように生きても、やっぱり死ぬときに後悔するだろうな〜って思ったんです。

 

 

まとめ

 

 

感情の起伏が激しいと、ますます旦那ちゃんを疲れさせちゃうし、きっと気持ちが離れてしまいますね。

自分の感情を上手にコントロールできる、情緒の安定している女性こそが長く大事にされるのだと思います。

毎月訪れるこのPMSのイライラ期ともそろそろ上手に付き合いたい。笑

 

 

 

 

 

ランキング参加中です

ポチッと応援励みになります♩

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

スポンサードリンク